Metal Max(メタルマックス)

1991年5月24日にデータイーストさんからファミコンで発売された近未来ロールプレイングゲームです。
剣と魔法の世界観ばかりのRPGの中に突如現れた

荒廃した近未来ロープレ

になります。
毒島が一番好きなRPGのシリーズとなっております。
自分で車(戦車)を作ってモンスターを倒す。カプコンのモンスターハンターより前に

モンスターハンター

となって賞金首を倒し、大金を手に入れる。
で、パワーアップをする為に装備や車を改造していくゲームです。
非常に良くできている。

あんた、モンスターハンターになるんだって?

が合言葉ですね。
昔、マミマガの記事を読んだ時にも、「どうのつるぎ」や「ダガー」、「ミスリルのなんたら」、「ポーション」などのアイテムではなく、

かいふくカプセル

ショットガン

75ミリほう

などの現代風のアイテム紹介がずらり。
この時点で『何か違う!』って思ったりしましたね。
ストーリーもあるようで、かなり自由度の高い進め方もできますし。
極端な話、最初に戦車を入手した後に放置して、『生身の体のみ』でクリアする事も可能です。
現在のメタルマックスシリーズの原点となる作品です。
いやーこれ入手するの骨折れました・・・・・
箱・説明書付きって中々ないのもなのですねぇ。

しかし、いつ聞いても

お尋ね者との戦いのBGM

は熱すぎるねぇ。
通常戦闘も好きですけどw
ん~この記事で言うのもあれだけど、リローテッドプレイしようかな。
どうしよう。迷うねぇ。

最初のビッグキャノン2体がホントに諦めようと思うくらい強かったw
あーあとマッドマッスルも苦戦しましたねー。ハンターとソルジャーで

レーザーライフル、レーザーライフル、レーザーライフル….

の連続でしたよw

最後のノア戦のBGMも今聞いてもシーンを思い出して鳥肌立つくらい奮闘しましたね。

中身はこんな感じ。シンプルな中身ですね。
この黄色と黒のパッケージがたまりません。

自宅の1階。
主人公は勘当され1夜明かしたところからゲームが始まる。
最初は戦車も何もない状態のスタートです。
このゲームの要素としては買い物はショップだけではなく『自動販売機』で購入したりもできます。
アタリだけで入手できるアイテムも存在します。

街中のバー内部ですね。
明らかにファンタジー系ではないこの店内。
ジュークボックスや賞金首のポスターなんかで納得し、バーで『おだいじん』で客に酒をおごる。
意味のないこんな世界間が良きです。

賞金首のポスターを調べると指名手配のモンスターの表示がされます。
これだけでも胸熱な感じですね。

フィールドも荒廃した感じの世界。
これだとイマイチかも知れませんが、ビルの倒壊やコンクリート、道路なんかも存在し、興廃した感が素晴らしいです。

戦闘はサイドビュー形式。
装備した武器や新たに搭載した戦車の武器のアニメーションが楽しい。
新しい武器の楽しみが増えますね。

ダンジョンです。
自然洞窟以外にもビルなどの建築物なんかもダンジョンになっており、攻略の楽しみが増しております。
荒廃した近未来ってのがホントに素晴らしい設定ですね。
ファンタジー的でなく

力と金と運

この3つでこの世界をかけぬけますw
名声なんぞあとから付いてくる・・・・・
こんな時代に毒島は

生まれたくないですw

が、このシリーズは毒島イチオシのRPGなのでぜひプレイしてみてくだいね!!

ではでは~

0

 にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 

コメント

削除

メールアドレスが公開されることはありません。


*