スーパーマリオコレクション(Super Mario All Stars)

夢のようなソフト

の一言。
この1本のソフトで、スーパーマリオブラザーズスーパーマリオブラザーズ2スーパーマリオブラザーズ3、スーパーマリオUSAの4本が遊べてしまう。
当時特に遊ぶのが難しかった、スーパーマリオブラザーズ2なのだが、コレクションに実装されている為遊ぶのがある程度容易になった。
スーファミはともかく、ディスクシステムを用意するのはなかなか難易度が高い。

スーパーマリオコレクションはまだ、スーパーマリオブラザーズ3しか遊んでいない毒島ではあるが、プレイした感覚では

ファミコン版とタイミング一緒じゃん!!!

と思いました。
ジャンプのタイミング、敵の行動、表示パターンなど、自分の記憶と合致している。
リメイクなんだから当然じゃんって言う人もいるかもしれないが、

これって超絶すげー事なのですよ!!!

ここまで同じって、開発者の熱意と作品愛を非常に感じる。
まだプレイはしていないが、1、2、USAも期待である。
厳密に言えば、USAはプレイをした事がないのですが、『夢工場ドキドキパニック』は経験済みかるメチャクチャヤリこんでいる。
キャラが違うだけで内容は同じと記憶している。
時間がある時プレイしてみよう。

ソフトはこんな感じである。ふと欲しくなり購入した。
やっぱキングオブ横スクロールアクションといえば、マリオシリーズで間違いないだろう。
昭和でムーブメントを巻き起こし、売り切れ、カツアゲ、転売、抱き売りが起こるほどの流行を見せた。
ファミコンの代名詞と言ってもいいシリーズである。
ゲームもやらない人でも名前は知っているほどの知名度、令和の現在でも知らない人の方が少数ではなかろうか?

当時はカップラーメン、ふりかけ、映画、実写映画、コミカライズなどなど様々な派生もありましたなぁ。

ちなみにアニメ映画のパンフレット。
たまたままだ保存してあった。懐かしいね。
流石に保存状態もいい訳ではないので汚れてしまっていた。
しかし、残っていただけよかったとしよう。昔の毒島!ナイスである。

コレクション内にある、マリオ3の画面。
スーファミとあってやっぱグラフィックは強化されている。

美しい。

記憶と照らし合わすと背景などのアニメーションもファミコン版と一緒だ。
完全移植って呼んでもいいんではなかろうか。
作品を並べて比べたわけではないのであしからず。
しかし、プレイして同じって思えればいいんじゃなないかねぇ。

ファミコン版にはなかったセーブ機能。
当時ファミコン版をプレイした時、全ステージをクリアはした事ありましたが、セーブなしでぶっ続けでプレイしてました。
ゲームは1日1時間?

守った事ねーわwww

途中から説明書には『ゲームは1日2時間』になっていたような気がします。
休憩もせずにぶっ続けでプレイしえた自分、

ナイスw

ワールド1の草原の国。
初期のステージという事もあり、肩慣らしにはちょうどいい。
大きくなる以外に、持つ、飛ぶなどのアクションもあり非常に良くできているステージ構成。
やはり、

世界の任天堂

素晴らしいとホントに思う。
これぞ、横スクロールの王道である。

ワールド2、砂漠の国。
ワールド1にも存在するが、坂道・水陸両用のステージなど地形を駆使している。
ピラミッドや流砂などのあり、地形が特に面白い。
背景だと思っていた太陽が襲ってくるのは

まさにトラウマ

である。おっかねぇ。

ワールド3の海の国。
名前の通り水中メインのステージ構成。
ここから、

コスプレマリオの登場

である。カエルスーツが登場。
そのほか、タヌキスーツ、エスキモースーツ(ハンマーマリオ)なども今後登場する。

ステージ5、空の国。
ここから難易度は一気にあがる。
狭い足場、いやらしく配置された敵、迷路要素など。
難易度は高いが、やり込みたくなる中毒性は非常に高い。
それだけ面白いって事ではあるのだが。

今回の記事では、マリオ3の事ばかり記述しているが、マリオコレクション、

まだ3しかプレイしてないのよねw

だから、3ばかりなのです。
今後は他のもプレイしていこうかと思います。
いや~マリオシリーズが1本にまとまったソフト。
これはやっぱ

不朽の名作

です。

ではでは~

0

 にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 

コメント

削除

メールアドレスが公開されることはありません。


*