夕闇通り探検隊

100日で誰か死ぬ。

不吉なキャッチコピーである。
1999年10月7日にスパイクさんから発売されたホラーアドベンチャーゲーム。
トワイライトシンドロームの後継との作品ではあるが、トワイライトシンドロームとはストーリーは関係ない。
雰囲気がトワイライトシンドロームの雰囲気な感じの作品。

ホラーというよりは

中学生にしてこの人間関係

といった複雑な関係を楽しむといったところか。
が、ホラー部分も正直かなり怖い。
笑える部分もあるが、恐怖や不気味さといった所が強い。
ぶっちゃけ

攻略本があっても全てのイベントを見るのは難解かもしれん。

とにかくフラグの立てが尋常ではない。
イベントフラグを拾うのには

学校内の制限時間内の休憩時間のみ

でフラグ回収を行い、街中の散歩にしてもキャラクターや時間といった複雑に絡み合うフラグが必要だったりする。
一瞬のフラグ未回収が命取り(ゲームオーバーではない)になり、イベントが発生しなかったりする。

ゲームの流れは学校シーン、相談シーン、散歩シーン、プライベートシーンの4つ。
100日以内に噂を入手しそれを解明していくといったものだ。
キャラクターチョイスもかなり重要になってくる。

ソフトの内容はこのようになっている。
流石に帯は紛失してしまったが、それ以外はあると思う。
あーサポートの手紙って入ってたっけな??
当時これソフマップの中古で購入した記憶ありますね。
確か1000円くらいじゃなかったかな。まさかこんなプレミアが付くとはねぇ。

ちなみに同梱されてるマップはこれですね。
大きい・・・・

これがキャラクターの選択画面。
この画面の前に、噂を入手する学校シーンが存在している。
キャラクター選択に関してもノーヒントなもので、最初は誰を選択していいか分らないだろう。
うん、自分もわからん。

これが散歩シーン。
ナオ(男)が犬のメロスの散歩を理由にクルミちゃん(女)を誘う。
それに面白くない、サンゴ(女)が付いてくるといった感じだ。
イベントによっては、メロスを繋いで置いていかないといけない。
この散歩シーンも曲者で時間が設定されており、夕方ってか暗くなると散歩が強制終了になり散歩シーンが終了する。

クルミちゃんを選択した場合のプライベートシーン。
家族団欒の食事シーンなのですが、クルミちゃん

ちょっとキ○ガイ

なもので箸の持ち方を変なんです。
ゲームをプレイをすれば分かりますが、かなり変なんです。
ま、当時も○○○○だからねーみたいな感じだったかと。
見た目は可愛いのですが、○○○○って設定ですからねぇ。
ちょっと変わってるとオブラードに包んだ言い方でしたが。

プライベートシーンの続き。
クルミちゃんは霊感があるといった設定なのでこんな感じになる訳ですよ。
他のキャラクターでも日が進むにつれかつ、イベントを起こしていると霊障が起こります。
これがまた恐怖なんだなーw

そしてこのゲームの目玉シーンの一つ。

360度ビューイベント。

十字キーで全ての方向を見ることができます。
現在でいうならVRに近いのかもしれん。
当時のプレステでこれをやってるのは凄いと思う。
これがまた怖いw
音響効果も聞いていいるので、マジで恐怖なんです。

このシーンが一番怖いと毒島は思っております。
何もなかった所を振り向くとこの子がいる。
非常にいい子なんですよ。この子。

でも怖いんだよ!

このゲームのキー的な女の子でもあります。
と、この様なゲーム。
トワイライトシンドロームとは違いかなり複雑なゲームなのですが、恐怖度はピカイチ。
でも今だにわからんのだが、

何でここまでプレミア価格付いたんだろ?

アーカイブとかにないからかな?
うむ、それが謎だな。

ちなみにだ、この作品に出てくる犬のメロス。
アレのドット絵描いたのは、

死体の噂に出てくるアパートおにーさん

です。
それ以外にも描いてはいるんですが、さっと思いついたのはそれでした。
あーあとトンネル内のピンクチラシも描いてたな。

ではでは~

0

 にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 

コメント

削除

メールアドレスが公開されることはありません。


*