ムーンライトシンドローム(Moonlight Syndrome)

1997年10月9日にヒューマンさんから発売されたプレイステーション用ゲームソフト。
トワイライトシンドロームの続編的な作品です。
とはいっても毒島まだプレイをしたことがございません。
情報はWebを調べて記事にしている感じです。(実況はします。)

色々な記事を読んでみましたが、作品自体は賛否両論といった評価でした。
トワイライトシンドロームの継続でなく、単体作品としてリリースしてほしかったとの声もあがっておりますね。
前作、トワイライトシンドロームの設定を一部引き継いでおり、このムーンライトシンドロームでは

岸井ミカが主人公

との事。これは毒島的には嬉しいですね。
そして、心霊的なものというよりは、

サイコホラーアドベンチャーの要素が多いようです。(プレイしてないのでりません・・・・

エンディングテーマもあるようですね。

「あなたは海の底」
作詞・作曲・歌:桃乃未琴

ストーリーはWikiより抜粋。

都市開発の波に押され、近代化を進めていく一方で、昔ながらの姿を失っていく雛代町。
岸井ミカが通う雛代高校もまた、新たに就任した校長の手腕によって進学校と化し、老朽化の進んだ木造の旧校舎に代わって近代的な校舎が増築され、何もかもが変貌を遂げていた。
ミカは、急激な変化と呼応するかのように、町に不穏な気配が漂い始めたのを感じていた。
身近な例が、ここ最近、彼女の周囲に付きまとうようになったストーカーの存在である。
それまでに起きたような心霊現象とは異なる、町に住む人間そのものを蝕もうとする狂気の気配が、ミカに忍び寄りつつあった。

あらずじを見る限り、やっぱりサイコ色が強い感じがしますね。
ま、どっちにしろ、プレイしないと感想書けないのですね。

ツイッターのフォロワーさんよりお話を聞いて、購入しました。
ベスト盤もリリースされているようですが、自分が購入したのはオリジナル版です。
メディア2枚組の作品です。
何だかんだで、ヒューマンさんの作品の所持率多いのよね、昔からw






キャプチャーを見る限りは3Dなのかのう。
ドット絵感はないですね。このあたりはプレイしてみてみないとわかりませんが。
現在、ほかのゲームも進めているので、ムーンライトシンドロームをプレイするのはもうちょい先になりそうです。
暑い時期にプレイしたい作品ですね。

しかしミカは

金持ちの娘

だったんですね。
へーって感じで妙に納得いたしました。

ではでは~

0

 にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 

コメント

削除

メールアドレスが公開されることはありません。


*