外部ドライブUSB変換ケーブル。

PCを扱うならこれは所持しておけ!

って感じの代物です。
何かっていうと、

外部からハードディスクを直接PCに繋げるUSBコネクタ

これ、意外と便利なんですよ。
1使うとしばらくは再購入する必要もないし、

いざという時にマジ便利。

ある意味外付けのハードディスクのような扱いなんです。
自分は現状存在する大抵のコネクタ部分に対応しているケーブルを所持していますが、そこまで必要でない方は

SATAのみの安価なものでもOK。

現在IDEなんてほぼほぼ使いませんし。(使うとしても光学ドライブくからい・・・それでも使わないなぁ・・・・
ちなみにSATA(通称 “シリアタ” と呼ぶ)のみでのケーブル存在するの最近知ったし。

こんな安価に売ってるのか・・・・って思いましたw
自分はとりあえず全対応してるようなケーブルです。

3.5IDE / 2.5IDE / SATAの3種を対応しているもの。
IDEってのはピンがこーいっぱいついてるようなやつね。(今はほとんどってか持ってる人の方が珍しいw
3.5と2.5の違いは、大きさ。

ポータブルの小さいHDDは2.5インチって呼ばれています。

HDDとSSDも別物なので、その話はその内。
ちなみにこのケーブルは、HDD、SSD、光学ドライブなど繋げれるものは大体何でも接続できます。
メンテナンスやデータを逃がしたい時などの緊急時に使うときが多いです。
PCを使ってデータを扱うなら、このケーブルが一本所持しておくといいですよー

ま、購入しておいても緊急時にこのケーブルを使わない事が一番の幸せなんですがねw

とりあえず、この手のケーブルは所持しておくのがベスト!!!

ではでは~

0

 にほんブログ村 ゲームブログ レトロゲームへ 

コメント

削除

メールアドレスが公開されることはありません。


*